今どきは、育毛薬や発毛薬を使用する人も増している

今どきは、育毛薬や発毛薬を使用する人も増しているようです。育毛を手助けするプロペジアやミノキシジルといった薬を飲めば、気になる薄毛の解消に役立つこともあるでしょう。薬としてのこれら育毛薬には専門医の処方が不可欠ですが、個人輸入代行などを使って、ただ、安全面に問題があるので、避ける方がよいでしょう。ドラッグストアや近所の薬局などでも薬剤師さえいればAGAの薬は購入できます。しかし大衆薬と比較すると処方薬というのは強い効果がありますし、処方箋がないと売ってもらえない医薬品もあります。このごろは全国展開しているAGA専門病院も増えていて行きやすくなりましたし、ふつうの病院でも内科や皮膚科などでAGA治療を行うところも増えていますので、これはどうなんだろうと思い始めた時点で医師(名医と呼ばれる人からヤブと呼ばれる人まで、まさにピンキリといえるでしょう)に診て貰うことが大切です。
いずれ変わる可能性はあるものの、目下のところは適用外と厚生労働省による取り決めがあるので、発毛や育毛の治療を行うにあたって健康保険の適用はありません。どんな方法(事前に調べることで失敗の確率を減らせることもあると思います)であれ、育毛治療をするにはそこそこのまとまった時間が必要になり、クリニックでの治療にはそれなりのコストを覚悟しなければなりません。
ですが、ひとまず支払いをしてからということにはなるでしょうが、確定申告を年に一度行う時に医療費控除を申請したら還付金を受け取れる場合があります。
育毛に効果的なのは頭皮を温めてあげることです。
もし頭皮が冷たい状態にあると血液の巡りが悪化して毛母細胞(髪の毛を造る細胞)に栄養や酸素が行き渡ることが難しくなるでしょうし、脂は低温下では固まる性質を持っているため、皮膚のアブラが毛穴に詰まってしまう原因となってしまうのです。販売されているドライヤーには育毛用もあります。でも、一番簡単にできる方法(事前に調べることで失敗の確率を減らせることもあると思います)は洗髪前にお湯で頭を洗って頭皮を温めて、頭に付いた皮脂、または老廃物を除去しやすくすることといえます。最近では、ドライヤーやヘッドスパ、家庭用のレーザー育毛機器などの頭皮や毛髪の悩みに適した美容家電が様々に売られているようです。ドライヤー、ヘッドスパはそれ自体で髪が生えてくるようになるというよりも、頭皮そのものの血行を良くして、育毛に適した頭皮に変えるという、サポートとして効果を期待できるでしょう。
男性型脱毛症という名前を聞けば、発症するのは男性のみと思いがちですが、頻度こそ少ないものの、女性でも発症するケースがあります。
しかしAGAと言ってしまっては男性と区別がつきませんから、女性のケースではFemale Androgenetic Alopecia(女性男性型脱毛症)、FAGAという呼称が使われています。
女性のFAGAが男性のAGAとちがうところは、男性のようにM字状態に薄毛が進むのではなしに全体的に髪のボリュームが失われて薄毛になる点、また、更年期(四十代以降の男性にも、男性更年期障害と呼ばれる症状が起こることがあります)以降でも脱毛抑製作用のある女性ホルモン(月経周期によって、分泌量が変化します。基礎体温を測ることで、その周期を知ることができるでしょう)は分泌されているので男性のように進行しないという点です。
洗髪に一般的な水ではなくて炭酸水を使用すると、爽快感があって気持ちが良いですし、さらに育毛の面でも有効です。泡がしゅわしゅわして刺激が頭皮に伝わりマッサージとなるので血行がよくなるでしょうし、毛穴汚れをよく落とすことができます。
市販の炭酸水はどれでも使うことができますが、軟水の方が比較的硬水よりもあまりシャンプーが泡たたなくなることもないので適しています。髪の一生は発毛、成長、退行、休止に分けられ、その周期をヘアサイクル、もしくは毛周期といいます。AGAを発症していない人の場合、生えた毛が最も勢い良く伸びる成長期が男性で4年、女性では数年あり、退行期には成長が遅くなり、休止期を経て脱毛期に至ります。
AGAの場合はこの周期が乱れて主に成長期の髪の短命化が進み、これからまだ成長するべき髪がどんどん成長を止めて抜け落ちるため、髪が薄くなっていくのです。
育毛剤というのは頭皮のコンディションを良好に保ち、毛髪の成長促進の効果が期待されるものです。
育毛剤に含まれる成分には、頭皮の血行を促進するものや髪の毛の成長に欠かせない栄養素(不足していると、体調不良が起こってしまいますし、食欲が異常に湧いてくるなんてことも)を配合しているものとされています。
同じ効果がどんな育毛剤にも期待できるという理由ではないでしょうし、その人その人で相性が合う合わないもありますから適正な育毛剤を適切に選ぶようにできることが大切です。
半年くらいは相性をみながらじっくりと試すことが必要となるでしょう。
現在において、厚労省から育毛治療薬として認可済の薬は、プロペシア、それに、ミノキシジルの2種類のみです。
プロペシアの方は内服薬として、ミノキシジルは外用薬として売られているのです。
ミノキシジルにも内服薬があるのですが、現在日本では薄毛治療薬として無認可なので、何としても入手したい場合には個人輸入が基本手段でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です