一般的に、「冷え」は不妊症の一因と考えられて

一般的に、「冷え」は不妊症の一因と考えられています。
体温(脇の下や舌下、耳、直腸などで測定します)の低い状態が続くと血液の流れが阻害され、摂取した栄養がうまく活用できなくなって、排卵障害や子宮の機能が落ち、妊娠しにくい状態になります。こういった症状の改善には昔からお灸が使われてきました。
血液の循環を良くして自律神経の働きを促し、施術中のリラックス効果もあるのが魅力です。
冷えを克服して温かな赤ちゃんのお部屋(子宮)を造りましょう。葉酸には妊婦にとって多くの効果が期待出来るでしょうが、妊娠が発覚してからご自身の体や赤ちゃんのために、葉酸を摂るようになった妊婦さんも多いのではないでしょうか。ですが、「いつまで葉酸を摂取すればいいのか」という疑問を持つ方も多いと思います。
赤ちゃんの為に摂取をされているという方は、妊娠している間に絞って摂取をするという方法でも構いません。
しかし、葉酸が担う働きは妊娠中に限ったものではなく、それ以外でも様々に活躍してくれます。
たとえば、体のバランスを整えるために葉酸は不可欠の栄養素ですので、葉酸の摂取をつづけることで毎日を健康的に過ごすことが出来ますので、出産後も葉酸を意識して摂取するのをお薦めします。
妊娠というと、必ず葉酸の名前が挙がるので勘違いしてしまう方も居るかもしれませんが、妊娠において必要となる栄養素は、葉酸だけでは無いですよね。葉酸は、それ単体では体内での吸収率が悪いために、サプリの利用を考える時には、ミネラル、ビタミンなどの、葉酸の吸収を助ける栄養素が配合されているものを選ぶのが良いでしょう。
目安としては、25種類ほどの栄養素を含有しているものを選べば適切に栄養素を補給することが出来るでしょう。
こうしたサプリは妊娠しやすい体造りのためにも役立ちます。ですから妊娠を願望している方は、早めの摂取を心がけて下さい。
葉酸は色々な食品にふくまれている天然の栄養素です。青菜系の野菜に多くふくまれている事が有名ですが、フルーツで言うと、代表的なものにイチゴやライチがあると有名です。
あるいは、柿やアセロラ、キウイフルーツも該当しますし、葉酸はビタミンの一種ですから、オレンジやレモンにも豊富にふくまれています。
ですので、葉酸を手軽に摂取しようと考えるならば、オレンジジュースを飲むのも良いと思います。
妊活中には、何気なく口にしているお茶の成分も気になりますね。妊活中の女性がよく飲んでいるお茶の中でも、タンポポ茶ですとか、ルイボスティーがいいみたいです。これらはノンカフェインなので、いつ妊娠してもおかしくない妊活中の女性にも、赤ちゃんにも負担のかからない、妊活中に飲むのに理想的なお茶なのです。
ルイボスティーの常飲は、貧血予防になると報告されていますから、妊娠発覚後も、積極的に飲むようにしてください。
ゼノファーEX

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です